【運用サポート】法改定に伴いホームページの表現変更のあり方

【運用サポート】法改定に伴いホームページの表現変更のあり方

<サポートからのご提案>

薬事法変更により、今までチラシ広告・看板などが対象でしたが、ホームページもその対象になり、

「健康に関するサービスや商品のPR」の変更が迫られていますね。

大前提に「国に許可された効果・効能以外の掲載はNG」なんです。

例えば「このサプリメントで○○が治った!」などの表現はまずいですね。

 

治るという表現は国から認められた効果・効能のみです。

 

<実施したサポート内容>

「このサプリメントで○○が治った!」ではなく

「○○の症状でお困りの方は、このサプリメントで□□を補いましょう!」に変更をご提案。

 

健康食品・サプリメント以外にも、整体などは「あはき法」もありますね。

※あはき法は「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」の略称です。

整体は医療類似行為です。
しかし、「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」「柔道整復師」のような国家資格のない
整体院での施術は、法に基づかない医療類似行為となります。

法に基づかない医療類似行為なので、広告表現には特に注意深くないといけませんね。

 

<お客様の反応>

「どのような表現が良いのか、相談してよかったです。

ベースを元に自分でも考えてみます」とホームページ内の表現の改善を検討されました。